実力重視の仕事に多い労働環境の悩み

Filed in 実力重視の仕事に多い労働環境の悩み はコメントを受け付けていません。

一生懸命取り組んだ仕事が成功した時には、その成果を正当に評価してもらいたいと考える人も多くなりました。欧米では日本に先んじて取り入れられた実力重視の考え方であり、年齢や性別によらず実力があって成果を出せればそれだけ収入が高くなるというメリットがあります。それを望んで就職すると実力重視で動いている環境に身を置くことになりますが、働き始めて悩みを抱えてしまうことも珍しくありません。

形の上では労働基準法に則って定時で働けるようになっているのが一般的です。残業も行わないのが原則になっている優良企業という姿があるでしょう。しかし、成果を上げるためには労働時間内だけでは時間が足りず、結局はサービス労働が必要になるのです。土日も必死に家で仕事をし、平日はサービス残業をすることになるのも稀ではありません。しかし、それを通して成果を上げられると報酬や昇給が得られることから、自分のためにと考えて努力する人が多いのが実力主義が浸透している仕事場の特徴です。

厳しい労働環境になっているのは明らかですが、それを受け入れて努力をすることで仕事にやりがいを見出し、収入を高めていきたいという人が集まっています。厳しい労働条件が悩みになって辞職をしてしまう人もいるものの、淘汰を受けてこのような労働環境を良しと考える人だけが残ることにより、全体として成果が上がるようになっているのがこのような現場の仕組みです。実力主義の業界は高収入なので、それに憧れるのもいいですが、このような労働環境で頑張れるかを熟慮しておくことが大切でしょう。

,

TOP