セクハラに受けた場合の対処法

Filed in セクハラに受けた場合の対処法 はコメントを受け付けていません。

世の中はまだまだ男性社会ですから、女性にとって労働環境の悩み、特にセクハラは、切っても切り離せないものですよね。しかしいざ問題が発生したとしても、どこに相談すればいいのか、途方にくれてしまうことはありませんか。ここでは順を追って、解決するプロセスをご紹介します。

まずは、なにはともあれ社内の担当部署に連絡します。上司に相談する、と言いたいところですが、女性がボスならともかく、残念ながらほとんどの企業ではまだまだ男性がボスであることがほとんどです。現場のリーダーに相談すると、女性の場合は特にかえってトラブルになってしまうことが多いので、会社の専門の部署に連絡しましょう。

ちなみに、連絡する際は、後の裁判なども考慮に入れて、文章で連絡するのが好ましいです。セクハラ対応の部署は、それなりの規模の企業であれば必ず存在するはずです。ではそういう部署がない場合はどうすればいいのでしょうか。

その場合は、労働局に駆け込みましょう。男女雇用機会均等法17条の規定によって、労働者から被害報告を受けた労働局は、セクハラ処置の是正について指導と勧告をしなければならない義務を負っています。せっかく税金を払っているのですから、フルに活用するのが賢明です。ちなみに労働局にこの手の相談をする場合、手数料はかかりません。無料なのです。労働局から勧告を受けて是正されない場合、企業は名前を公表されてしまいますから、会社も相応の努力をしてくれるはずです。

,

TOP